ミノルタン minoltan
INFORMATION
35mmSLR CAMERA
minolta XD 
SPECIAL
35mmSLR LENS
MY MINOLTA
SITE MAP
RANGE FINDER etc.
COMMUNITY
TOP >> RANGE FINDER etc. >> HI-MATIC

■ minolta HI-MATIC

ミノルタは国産初のレバー式巻上機構採用の35mmレンズシャッターカメラ・ミノルタメモを1949年に発売しました。その後はミノルタAやA2など大衆路線である程度のシェアを占めていましたが、1950年代後半には神武景気も落ち着いてきてカメラ業界も不況に陥りました。その頃ミノルタはレンズ交換式レンズシャッター機・スーパーAやレンズシャッターで1/2000、1/3000秒以上を出したVシリーズ(V2、V3)と相次いで高性能機が登場させたものの大きな販売実績を残すところまでは至らず、経営的にも非常に辛い時期で社員数の1/5もの希望退職者募集も行いました。
「なぜ売れないのか?」にミノルタは悩みました。そこで出した答が「カメラの知識がない、だれでも簡単に写せるカメラ」を作ることです。プログラムシャッターの先駆者・追針式メーター連動式のユニオマットを発売、これは売れました。1960年に入ると他社でも自動露光(当時はEE=Electric Eyeと呼んでいた)カメラを次々発売しまさに激戦模様になってきました。ミノルタが次に出したユニオマットの上位機種にあたるのがハイマチックです。
初代ハイマチックのデザインは幻の試作機スカイ、ミノルタ16なども担当した白松 正 氏、スクエアながら流麗なシルエット、銀ベースにグレーの人口皮革貼り、前面に設けられたシャッターレバーなど近代的で整理されたとても美しいモデルです。
このハイマチックの北米輸出版がアンスコ(米国の販社)・オートセット(Rokkor PF 45mm2.8)で、1962年2月にアメリカが始めて有人宇宙船フレンドシップ7用の映像記録カメラとして採用されています。世界中の25機種のカメラの中から選ばれた最大の理由は、絞り羽も兼ねたプログラムシャッターという簡易な撮影方法だそうです。実際機内に持ち込まれたハイマチックは、内部のいたるところに穴を開けて軽量化をはかり、船内で飛行士のグレン中佐が操作しやすいような改良(片手操作ができるよう固定焦点と特殊なフレームを装着するなど)大幅な改良が行われれていました。現在はスミソニアン博物館に飾ってあるそうで、機会があれば見てみたいなぁと思っています。
さて、このフレンドシップ7の成功が全米のみならず国内外でミノルタの名前を大きく浸透することにもつながり、翌年発売された後継機はハイマチック7と名づけられ世界中で売れに売れ、ミノルタの経営も順調に戻りつつありました。
しかし今度は東京五輪不況・・・高性能で大口径レンズを搭載したハイマチック9や11の成績は芳しくありませんでした。また時代はオリンパス Penシリーズなどコンパクトなカメラに移行していきます。そこでハイマチックCやE、Fという小型系統を開発、これがまた国内外共アホほど売れて、20年間にわたって次々とハイマチックシリーズは生み出され、空前のロングネームとなりました。
しかしオートフォーカス時代まで生き残ったハイマチックシリーズもさすがに色あせてきたのか、C.I.導入の翌年に出たハイマチックAF2-MDで幕を閉じることになりました。余談ですが、松田聖子をキャラクターに採用し、世界初のおしゃべりするカメラ・AF-Sトークマンもこのハイマチックシリーズの流れを汲むモデルです。

HI-MATICシリーズ系列表
機種名 発売 定価 レ ン ズ 測  光 合 焦
      備     考
ハイマチック 1961.12 19,800 ロッコールPF 45mmF2.0 セレン光プログラムEE 距離計連動
世界初宇宙を飛んだコンパクト機はハイマチックのOEM版アンスコオートセット45mmF2.8
  ハイマチック7 1963.12 22,000 ロッコールPF 45mmF1.8 cds プログラムEE 距離計連動
マニュアルシャッター(B 1/4 1/8 1/15 1/30 1/60 1/125 1/1/250 1/500秒)も可
  ハイマチック9 1966. 3 24,800 ロッコールPF 45mmF1.7 cds プログラムEE 距離計連動
プログラムEEに加えフラッシュマチックを採用、ホットシュー付
ハイマチック7s 1966. 8 20,900 ロッコールPF 45mmF1.8 cds プログラムEE 距離計連動
ハイマチック9の姉妹機、上下二分割CLC測光採用
  ハイマチック11 1969.10 25,000 ロッコール45mmF1.7 cdsプログラム&シャッター優先 距離計連動
ファインダー内シャッター速度と絞り値表示、プログラム&シャッター優先&フラッシュマチックを1つのリングで切替える"スーパー3サーキット"を搭載
  ハイマチックC 1969.10 14,000 ロッコール40mmF2.7 cds シャッター優先EE ゾーンフォーカス
ミノルチナ系から発展、ポンと飛出す沈胴式レンズ ファインダー内絞り値表示、シャッター速度1/30秒と1/250秒はイラストで切替え
ハイマチックE 1971. 2 28,000 ロッコールQF40mmF1.7 cds プログラムEE 距離計連動
ファインダー内に露光OKランプ点灯、専用エレクトロフラッシュ2でフラッシュマチック可
  ハイマチック7s Black 1971. 8 --- ロッコール45mmF1.8 cds プログラムEE 距離計連動
7s輸出専用カラーリング
  ハイマチック5 1971. 9 --- ロッコール40mmF2.7 cds シャッター優先EE ゾーンフォーカス
ハイマチックCの輸出版、固定式レンズ
  ハイマチックF 1972. 6 21,300 ロッコール38mmF2.7 cds プログラムEE 距離計連動
ハイマチックEの廉価版、ブラックタイプはCLやXDと同じブラッククローム仕上げ
  ハイマチックES 1973. 6 --- ロッコールQF40mmF1.7 cds プログラムEE ゾーンフォーカス
ハイマチックEの輸出版(S.S. Kresge Company向け)、セルフタイマー・フィルムインジケーター・フラッシュのAUTO-MANUAL切り替えレバーなし
ハイマチックG 1974.10 --- ロッコール38mmF2.8 cds プログラムEE ゾーンフォーカス
ハイマチックFの輸出版、コニカからのOEMとも言われているが詳細不明
  ハイマチックFP Black 1974.10 --- ロッコール38mmF2.7 cds プログラムEE 距離計連動>
ハイマチックFの輸出版、北米専用
  ハイマチック7sII 1977. 6 --- ロッコール40mmF1.7 cds プログラムEE 距離計連動
ハイマチックFに距離計とシャッター優先AEを組み込んだ輸出高級機、シルバーとブラッククロームがある
  ハイマチックS 1978. 6 30,300 ロッコール38mmF2.7 cds プログラムEE ゾーンフォーカス
ブラックボディのみ、ストロボ内蔵、ファインダー内手ぶれ警告灯
ハイマチックSD 1978. 6 34,300 ロッコール38mmF2.7 cds プログラムEE ゾーンフォーカス
デート機構付、ブラックボディのみ、ストロボ内蔵、ファインダー内手ぶれ警告灯
  ハイマチックCSII 1978.10 --- ロッコール38mmF2.7 cds プログラムEE ゾーンフォーカス
ハイマチックSの欧州輸出版、シルバーボディのみ
ハイマチックAF 1979.10 42,300 ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE オートフォーカス
手動巻上げ、ファインダー内測距エリア・手ぶれ警告・ストロボ充電完了、最後の旧ロゴ付ハイマチック(新ロゴタイプも存在しているらしい)
  ハイマチックG2 1981. 2 --- ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE ゾーンフォーカス
ハイマチックG改良版、セルフタイマーなし
  ハイマチックAF Date 1981. 3 --- ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE オートフォーカス
ミノルタオリジナルのアクティブビームAF、デート機構内蔵
ハイマチックAF-D 1981. 5 46,000 ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE オートフォーカス
ハイマチックAF Dateの国内モデル
  ハイマチックS2 1981. 6 30,800 ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE ゾーンフォーカス
Sのマイナーチェンジ版、電子セルフタイマー、手ぶれ警告アラーム音
  ハイマチックSD2 1981. 6 34,800 ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE ゾーンフォーカス
SDのマイナーチェンジ版、電子セルフタイマー、手ぶれ警告アラーム音
  ハイマチックAF2 1981.11 41,500 ロッコール38mmF2.8 cds プログラムAE オートフォーカス
海外先行販売(1981.3)
  ハイマチックGF 1982. 1 30,800 ミノルタ38mmF4 cds プログラムAE ゾーンフォーカス
輸出版専用コンパクト機、円形ターレット絞り
ハイマチックAF2-M 1982. 3 42,800 ミノルタ38mmF2.8 cds プログラムAE オートフォーカス
ハイマチックAF2に巻上巻戻しモーター内蔵、グリップあり
  ハイマチックAF2-MD 1982. 9 47,800 ミノルタ38mmF2.8 cds プログラムAE オートフォーカス
ハイマチックAFDに巻上巻戻しモーター内蔵、グリップあり、クォーツデート

参考資料:日本カメラ、クラシックカメラ専科 2001.10.13作成 / 2003.1.15更新 にしきん(C)


 前のページへモドル
 このページトップへ
(C)1999-2003 にしきん ALL RIGHTS RESERVED.